Tuesday, April 18, 2017

Inu Key RIngなど犬商品のJOINTSでの販売について


 キーリング出来ました。
本当はJOINTSに持って行ってHBJブースで売るつもりだったんだけど
どういうわけなのかHBJブースの売り場はないと昨日になって言われました。
それがわかっていたら自分でエントリーして商品持ってレンタカーでバイクも持って行ってたぜ。SPEED &CUSTOM出せなかったから、貴重な名古屋での販売の機会を失ってしまった。
遊びみたいだけどそれなりに真剣にやってるんだ。なかなか伝わらないけどね。

と言う訳でJOINTSでは売り場はありません。
誰かにお願いして品物少し置かせてもらってるかも知れないけど、シャツとかは持って行けないかな。
キーリングとか鋳物とか少し持って行きます。
その時はインスタで告知します。
インスタグラムの名前もinuchopper




品物はいいものです。

Thursday, April 13, 2017

HotShoe つづき


こんな感じになった




靴底に合わせて万力で曲げてはハンマーで叩く。
スリッパの底は真っ平らでなくてすこし湾曲してる。
レンタルしてわかったことだったから一度借りてみて本当によかった。


余った鉄板だから形はデタラメ、最後に切ってやればいい。
グナグナだけどだんだん形が見えて来た
多分ここまで15分くらい。
雑でも汚くてもともかく必死で手が動く。
この時が一番気持ちいい。


靴に履かせてハンマーで叩いてる。


切り込みを入れて溶接する。


ススと言うか汚れとスパッタっていう細かい鉄の粒が果てしなく着くので
作業ごとに鉄ブラシとタガネできれいにしてやる。


この辺で興奮がかなり高まってる。
細部まで満足がいくものは2個目でいいって思う。


スポッと履けてサッと脱げるように何度も形を合わせる。
自分専用ならでは。


先っぽをどうしようか

これでは少し足りない。
そこでさらに薄い1ミリの鉄板を当てる準備。

工作用紙で型紙を切って



ひどすぎるサビを落として

ここを上から被せたのが板金上の失敗!
クランクに段差を付けるか、
きちんと突き合わせしておいたら
もっときれいに出来たはず。



でもなんとか形になった。
前にBuddy Custom Cycleで見せてもらったケンメリっぽいスリッパ。


汚いけど昨日は大丈夫



ここから細部を叩いたり曲げたりしてきれいにしてやる。






ストラップを通すリングはこういうのを
おいおい、おじいさんみたいな手だな。

パチパチっと溶接



汚いなあ。



とりあえず作り方はわかったから
もう一個作ろうかな。
ちゃんと出来たらステライトを盛ってもらう予定。
とりあえずホットシュー作りはここまで。

Tuesday, April 11, 2017

Dirt NightとHot Shoe

おかげさまで犬号も快調
点火時期を早めて、軽いキックすると激しく跳ね返されるけど
エンジンがかかってからはむしろ相当快調。


三月の終わりから四月の頭にかけて都会に行って

咲き始めの皇居の桜を見たり

ずっと前から作りたかった大きな指輪を作ることにしたり。
指輪ってサイズ展開が大変だから市販はリスクが大きいらしく、
だから自分のサイズだけ作ろうかと思ってる。


これはジョインツに持って行きます。
タイマーカバーと鋳鉄のライザー
ロータイプが3個と
ノーマル高さのメッキが1個


土曜日は上尾と川越の間にあるコースで

こんなスリッパを借りて


犬号に使ってたDUROを脱がせて

Mattや友達と
ダートナイトしてきたよ。
ダートで遊ぶのはそれほど難しいことではないと思う。
でも上手くなるのは結構大変。
もう3回目だけどまるで上手くならないもんな。

スライドさせながら走っててすごく面白いけどこれは転んで誰かと絡んだらヤバい。
ペラペラのヘルメットなら絶対死ねる感じ。
みんなけっこうちゃんとプロテクターとか付けてるし。
靴もちゃんとしたヤツの方がいいとは思う。



FTR223ってヤフオクでも6万くらいでたくさんあって
甘く見てたんだけど、乗せてもらったらすごく面白いの!
もちろん本家のFTR250なら最高だけど、
部品はないし、見つけても結構高いんだ。
これなら前後のリム買うくらいの値段でバイクごと買える!
このゼッケン付きのサイドカバーも5000円とかで手に入るし。

僕のダサい走りはこんな感じ。
でも今回スリッパ(ホットシューって言うんだ)を借りて
初めてこういうことか!ってわかった。
今までの2回はまるで意味なかった。
これ履いてコースに出て、それでやっと女の子の小指の先を握ったくらい。

ホットシューは世の中にはいいのが売ってるから買うのが一番なんだけど
家にタンクのトンネルを切った残りの鉄板があったはず。
保存が悪くて真っ赤に錆びちゃってるよ…
今回と次回でこれをスリッパの形にする!
最後はステライトっていう硬い硬い硬い金属を
アセチレンで溶かして盛ってもらって完成の予定。

さあスリッパを作るよ!

仕方ないからペーパーで根気よくサビ落として、


靴の底の輪郭を描いて

絶対いらない部分だけ切り取ってから

トンカチで叩きながらヘリを曲げていく。
ヘリはさ、上手い人はみんな一周別の板で作って巻いておいて溶接するんだけど、
僕は軽く作りたかったから底板と側を同じ厚みにして、
なおかつ下手クソで不安な溶接箇所をなるべく減らしたかったので
こういうやり方にした。
ノンガス溶接はスパッタもすごくて、溶接後の処理も相当面倒くさいんだ。

つづく…


Tuesday, March 28, 2017

久しぶり! 155号出たよ

本当にブログの更新が滞ってるね。
ごめんなさい。
世間は名古屋speed and customとか、チキチキVMXとか沸いていたみたいだけど
僕はずっと締め切りの国で仕事をしていました。

名古屋のspeed and customは改華堂の小川さん主催だし、毎年とても楽しみにしているから
すごく残念だったけど、行けなかったんだ。

その間SNSでうっとおしく寝てないアピールしまくって、朝から翌朝まで毎日ひたすら絵を描いて直して台本書いてコンテ書いて…
本当に寝てねえんだもん。

 HBJの締め切りって、だいたい合宿前にイケダ編集長に今号はいつまで?って聞いて

その後のスケジュールを組むんだ。時間買い切りじゃないし、他の仕事もあるから。
だいたい次の仕事のスケジュールを入れとかないと食えないからね。

それがちょいちょい締め切りが伸びて次の仕事とかぶっちゃう。
今回は年度末で他にもたくさん仕事の締め切りがあってさ、
結構な綱渡りにスケジュール組んでたのに、合宿がまさかの丸二日延長…
別件の年度末の締め切りは延びるわけもなく、ただ詰まるだけ。
これまた結果から言えば俺はやったぜ。
実際のところはあと少しって感じなんだけど、本当に寝れない日々は終わった。
HBJ中は3人でやってるから誰かが落ちると「おい!寝たら死ぬぞ!」なんて励まし合ってなんとか凌いだんだけど、本当につらいのは自分ひとりになってから。
 
 僕はしょっちゅう締めきりで徹夜してるイメージがあるけど
実際のところ普段は朝6時半に起きて8時から仕事して午前中いっぱいから午後にかけて手を動かしたり原稿書いたり、あと絵を描く仕事も終わらせちゃう。
午後は打ち合わせ行ったり戻って資料作ったり調べものをして翌日の仕事に備える。
もう25年もやってるからだいたいこんなペースで締め切り前に大忙しになったり寝れなくならないように周到に調整しているのである。
だって眠れないとか、お休みがないと質の高い仕事は出来ないから。
予定外に長電話が来たりするとすごく迷惑なのである。
 
 電話はさ、たまに夜遅くからやるよ。遠くの友達とあらかじめ何となく約束して、
まるでカウンターに並んで飲んでるみたいな感じで話しながらビール飲みつつ長電話。
うんと罰当たりなこと言って笑ったりしてさ。
でも普段はちゃんと夕方食事して、それからバイクの部品を作ったりブログ書いて、日付が変わって、
もうダメだ…って感じで力つきて寝るのが一番いい。
翌日は犬に起こされて散歩からスタート。
だから計画通りにやれば絶対そんな酷いことにならないはずなんだ。

多過ぎる分量は信用出来る外注先にお願いして、自分のペースで仕事が終わってみんなが幸せになるようにやってるのさ。

ところがHBJもT-SPORT(ああ、もう2ヶ月くらい行ってないT-SPORTみんな元気かな)も他の人の会社だから、
自分のペースでは仕事が出来ない。バイク屋さんはともかく、HBJの合宿となると飯だってほぼコンビニ、食いたいもの食えないし、風呂も思い切って銭湯まで入りに行かないといけないし、トイレだって建物の裏にある遠くて暗くて寒い屋外トイレだから膀胱パンパンになるまで我慢。本当に自分のペースってものがないんだ。

僕は請負でよその仕事もやるからだいたい合わせられるんだけど、疲れることには変わりない。テンパって来て顔の見えない電話で横柄な態度とるヤツも出て来るし、
普段ならそんなオカマ笑ってシカトなんだけどこっちも猛烈に腹立ってくる。

ま、大人になると経験値も上がるけど無理も利かなくなって来るってことなんだな。

でも記事は一生懸命書くよ。だいたい取材メモを取っておいて、それをざっとテキストにまとめてから編集部に行くのが一番やりやすい。
今回なんて3人で会話してそれを記事にする鼎談(ていだん)形式だったんだけど、うっかり同じスペースに入る記事書いちゃったりして、もったいなかったな。


 ところで来月のJOINTSにはHBJの仕事で行く予定。
そこで鋳物を持って行きます。作るのにお金だってかかるし、いつまでもあると思うと油断するから、数量限定で作って持って行く。そんでもう作らない。
定番のタイマーカバーはまた作るかも知れないけど、
一期一会みたいな感じって大切なんじゃないかと思う。

どんなものを持って行くかは今号はHBJにも載せてもらえなかったからここで今度発表するよ。
こないだなんて僕の鋳物の紹介記事のタイトルがさ「この文字はダミーです」なんだぜ。
ちょっと甘く見られてるよな。

というわけでHBJ155号は27日発売。
日付が変わって昨日だよ。
俺の本は来週にならないと来ないんだぜ。
こう言う仕事してたら発売当日くらいには本って届くもんだと思ってた。

*追記:なんと今回は発売日の翌日、それも編集部から直接届いたよ!

じゃ、次回いつ更新出来るかわかんないけど
みんな元気でね!







Thursday, March 23, 2017

ダスターズカップ2017

仕事してるうちにもうすぐ4月
5月になったらこれ
DUSTERS CUP
1962年から米軍三沢基地で続くレーシングチーム
ダスターズが主催するダートレース
エントリー費5000円
僕も行く予定。
バイクなんとかしなきゃな。
三沢はお魚も美味しいし山には温泉たくさんあるし
最高のロケーション
僕は20代の前半は毎年青森に10日間くらい路上生活しながら
バイク乗り行ってたから
その素晴らしさはよく知ってるのさ